PSoC1 での 『PRINTFの使い方』

PSoC Designer をインストールすると C言語での開発ができます。

LCD をつないで、簡単に表示させることができます。LCD ユーザーモジュールには表示のための

API が用意されています。

C Prototype:
説明
LCD_PrString void LCD_PrString(CHAR * sRamString) RAMベースの文字出力
LCD_PrCString void LCD_PrCString(const char * sRomString); ROMベースの文字出力
LCD_PrHexByte void LCD_PrHexByte(BYTE bValue); 8BitのHEXに変換し出力
LCD_PrHexInt void LCD_PrHexInt(INT iValue); 16BitのHEXに変換し出力

ちょっとした、表示だけでしたらこれでもいいですね。

  

表示例

lcd_test.zip  PSoC Designer 5.0 SP6 ( CY8C27443-24PXI ) ICCM8C にてコンパイルしてあります。


もうちょっと自在に表示させましょう。

『printf関数』を使うといろいろと表示できそうです。

さっそくやってみましょう。


ビルトするとエラーが・・・・・・



『 printf 』 を使うときは 'pointer to char' にしなさい。 ・・・・そうですか orz

stdio.h の中を見ますと

『cprintf 』 があります。 ・・・・ やってみましょう。 『 printf 』 を 『 cprintf 』 に 換えてみます。

またまた エラーです。「 '_putchar' が見当たらないよ 」。ハイハイ。「 putchar ( ) 」 を作成してみます。

『 F6 』 キーを押して Generate/Build エラーがなければ、『 Ctrl + F10 』 を押して PSoC にかきこみます。

表示例1

無事に表示できました。

lcd_test1.zip PSoC Designer 5.0 SP6 ( CY8C27443-24PXI ) ICCM8C にてコンパイルしてあります。


『 float 』の表示

『 Project 』 から 『 Create local.mk 』 を開き、次の文を追加します。

『 CODECOMPRESSOR:=$(CODECOMPRESSOR) -lfpm8c 』

表示例2

lcd_test2.zip  PSoC Designer 5.0 SP6 ( CY8C27443-24PXI ) ICCM8C にてコンパイルしてあります。


『カタカナの表示』

 LCDにカタカナを表示することができます。

msg1[ ] = { 0xd3,0xb0 ・・・・ のように手作業でASCIIコードに変換するとうまく表示できます。

表示例3

lcd_test3.zip  PSoC Designer 5.0 SP6 ( CY8C27443-24PXI ) ICCM8C にてコンパイルしてあります。

正当なCSSです!

※Cypress、サイプレス社のロゴおよびPSoCはサイプレス セミコンダクタ社の登録商標であり、
PSoC Creator,PSoC Designer、PSoC Express,および Programmable System-on-Chip はサイプレス セミコンダクタ社の商標です。

Copyright (C) 2012 えとせとら All Rights Reserved